HOME >  実行委員会
実行委員会 実行委員会
実行委員会 実行委員会

宇宙エレベーターロボット競技会委員会

Executive Committee for the Space Elevator Robot Race

  1. 1.設立趣旨
  2. 2.組織
  3. 3.実行委員長 あいさつ
  4. 4.宇宙エレベーターについて
  5. 5.連絡先
  1. 1. Purpose of foundation
  2. 2. Organization
  3. 3. Greetings from the Chairperson of the Executive Committee
  4. 4. About space elevators
  5. 5. 連絡先
設立趣旨 設立趣旨
設立趣旨 設立趣旨

宇宙エレベーターという夢のあるテーマで、小学生でも取り組みやすいレゴブロック使った競技会を行っていくという趣旨のもと、中学高校の教員が中心となって集まり、 2013 年5月に実行委員会が発足した。この競技会の対象は小学生~高校生、内容は問題解決を機械的なアプローチだけでなく、 プログラミングなどの手法も用いながらものづくりの基本となる考え方を身につけ、学んだ事の発表の場、交流の場を作っていこうというものである。

The Executive Committee was established by a group of mainly junior and senior high school teachers in May, 2013 for the purpose of holding competitions in which participants use LEGO blocks, which are easy to use even for elementary school children, under a dream-inspiring theme of space elevators. This competition is intended for elementary through high school age students and designed to encourage them to learn the basics of manufacturing by solving various problems, not only with a mechanical approach, but also with programing, and to provide opportunities to present what they have learned and to interact with each other.

組織 組織
設立趣旨 設立趣旨
実行委員長 小林道夫(神奈川大学附属中・高等学校)
スーパーバイザー 青木義男(日本大学理工学部精密機械工学科 教授)、清水広幸(聖学院中学校・高等学校 副校長)
副実行委員長 佐藤克行(神奈川大学附属中・高等学校)
事務長 小林健介(株式会社ナリカ)
審判長 平井俊成(日本女子大学附属中学校・高等学校)
記録係 佐々木仁(株式会社アルファ企画)・櫻井匡仁(株式会社アルファ企画)
技術委員 森脇啓介(中央大学附属中学校・高等学校)、田中俊祐(東葉高高等学校)、新沼洋(はまぎん子供宇宙科学館)
Chairperson of the Executive Committee Michio Kobayashi(Kanagawa University High School)
Supervisor Yoshio Aoki(College of Science and Technology, Nihon University Vice Dean and Professor)
Hiroyuki Shimizu(Seigakuin Junior & Senior High school)
Vice Chairman of the Executive Committee Katsuyuki Sato(Kanagawa University High School)
Head of administration Kensuke Kobayashi(NaRiKa Corporation)
Head Judge Toshinari Hirai(Japan women’s University Junior and High school)
Visual recording Hitoshi Sasaki(Alphakikaku Inc.), Kunihito Sakurai(Alphakikaku Inc.)
Technical committee member Keisuke Moriwaki(Chuo University Junior and Senior High School), Shunsuke Tanaka(Toyo High school), Hiroshi Niinuma(Hamagin Space Science Center)
実行委員長 あいさつ 実行委員長 あいさつ
設立趣旨 設立趣旨

 1979年にSF作家のアーサー・C・クラークが小説「楽園の泉」を発表し、宇宙エレベーターという概念を広く一般の人たちに知らしめました。 宇宙エレベーターは、地球から約3万6000km上空にある静止衛星まで人や物を運ぶ夢の乗り物です。 それから12年後の1991年にカーボンナノチューブの発見によって、宇宙エレベーターは実現可能な研究プロジェクトとして動きはじめました。 2012年には、(株)大林組が2050年に宇宙エレベーターを実現させると発表し世界を驚かせました。 30人乗りのかごが、高度3万6000キロのターミナル駅まで1週間かけて向かうという壮大な計画です。

  この壮大な夢の実現には、世界中の人たちが力を合わせ、新しいアイデアや技術を駆使し、問題解決を図って行かなければなりません。 その担い手は、何といっても子どもたちです。 子どもたちが宇宙エレベーターという夢の乗り物に憧れ、興味を持って携わって行くことが大切なのです。

  そこで、小学生や中学生、高校生が参加できる実験を始めました。それが、レゴブロックを使った宇宙エレベーターロボット競技会です。 この競技会では、プログラミングロボット教材のマインドストームを使って宇宙エレベーターロボットを製作し、昇降実験を行いながら 物資や人を運ぶときの問題点、安全について考えることを目的としています。

  この競技会は2013年に始まったばかりです。今後全国大会、世界大会の実現に向けて取り組んで行きたいと思います。 ぜひ皆さんもこの競技会にご賛同ください。

 The idea of a space elevator became known to the public with the publication of “The Fountains of Paradise” by Arthur C. Clarke, an SF writer, in 1979.
A space elevator is a dream structure designed to transport people and cargo to a stationary satellite about 36,000 km above the Earth’s surface. With the discovery of carbon nanotubes 12 years later, in 1991, the concept of a space elevator started to move forward as a feasible research project. People were surprised when Obayashi Corporation announced in 2012 that they would make a space elevator a reality in 2050. It is a colossal project in which an elevator car (or “climber”) with 30 people will travel to the terminal at an altitude of 36,000 km in one week.

 To realize this grand project, people around the world have to cooperate and utilize new ideas and technologies to solve various problems. And it cannot be realized without children who will shoulder the future.

It is important to promote children’s yearning for, and interest in such a dream-inspiring space elevator and to let them be involved in it. So we started a learning experiment which elementary, junior high and senior high school students can participate in. This is the Space Elevator Robot Race using LEGO blocks. The purpose of the competition is to let them think about problems and safety when people and cargo are transported while building a space elevator robot using MINDSTORMS, an educational material for programming robots, and carrying out lifting and lowering tests.
This competition only began in 2013. We will make every effort to make it nationwide and even worldwide in the future. We look forward to your support for this competition.

実行委員長 あいさつ

宇宙エレベーターについて 宇宙エレベーターについて
設立趣旨 設立趣旨

 宇宙エレベーターは、地球から約3 万6000km 上空にある静止衛星まで人や物を運ぶ夢の乗り物である。
1979 年にSF 作家のアーサー・C・クラークが発表した小説「楽園の泉」の中でこの概念が登場し、宇宙エレベーターという言葉を広く一般の人たちに 知らしめた。その後、1991 年にカーボンナノチューブの発見によって、宇宙エレベーターは実現可能な研究プロジェクトとして動き始め、 現在では、大林組から建造計画が提案されたり、技術開発のための競技コンテストが日本、アメリカ、ドイツなどで行われている。

A space elevator is a dream structure designed to transport people and cargo to a stationary satellite about 36,000 km above the Earth’s surface. The idea of a space elevator was introduced in the book “The Fountains of Paradise” by Arthur C. Clarke, an SF writer, in 1979 and after that became widely known to the public. With the discovery of carbon nanotubes in 1991, the concept of a space elevator started to move forward as a feasible research project. A construction project for a space elevator has been proposed by Obayashi Corporation and technological development competitions are held in Japan, USA and Germany.

宇宙エレベーターについて

宇宙エレベーターについて
連絡先 連絡先

住所 : 〒226-0014 神奈川県横浜市緑区台村町800
神奈川大学附属中高等学校
宇宙エレベーター実行委員会 小林道夫

電話 : 045-934-6211

協賛:神奈川大学、レゴ エデュケーション
協力:株式会社アルファ企画、株式会社ナリカ、株式会社PFU、富士ゼロックス神奈川株式会社、フューチャーアーキテクト株式会社、武藤工業株式会社
後援:神奈川県教育委員会
Webデザイン:Designed by デザインプール株式会社


トップに戻る