HOME >  第5回宇宙エレベーターロボット競技会 実施要項

第5回宇宙エレベーターロボット競技会 実施要項

日時・会場
関西大会 2017年9月10日(日)高槻中学校・高等学校
全国大会 2017年11月5日(日)神奈川大学 横浜キャンパス
東北大会 2017年11月19日(日)湯沢雄勝広域交流センター

内 容
宇宙エレベーター講演会、競技会、ポスターセッション

主 催
宇宙エレベーターロボット競技会実行委員会

協 賛
神奈川大学、レゴ エデュケーション

協 力
株式会社アルファ企画デザインプール株式会社株式会社ナリカ株式会社PFU富士ゼロックス神奈川株式会社フューチャーアーキテクト株式会社武藤工業 株式会社(50音順)

参加資格
小中高校生のいずれか2名以上からなるチーム
※運営の都合上、各団体(各教室)3チームまでの参加とします。参加費として一人1,000円(保険料など)をお支払いください。

<競技の概要>

各部門ごとに、2回ずつ競技を行います。

・小学生部門
宇宙ステーションにピンポン球を運びます。運んだピンポン球の数に応じてポイントを獲得します。運搬中、運搬後にピンポン球を落とした場合は減点されます。

・中高生初級部門
小学生課題(ピンポン球運搬)に加え、宇宙ステーションに仕切りが入ります。

・中高生中級部門(本大会参加3回目以上の中高生はこちら)
中高生初級課題(ピンポン球運搬)に加え、アースポートに置かれた特別な荷物をロボットアームでつかみ、宇宙ステーションに運びます。

<競技規定の概要>

・競技開始から競技終了まで1つのプログラムでロボットを動作させるものとします。競技時間終了とともにロボットが停止する、または下降するように、あらかじめプログラムしておいてください。
・競技開始後、ロボットが上昇できないなどのトラブルが発生しても、元の位置に戻して再スタートすることはできません。
・小学生部門では、ロボットがアースポートにいる間、手を触れてロボットの調整を行ったり、タッチセンサーに触れてロボットの動きをコントロールしたりすることができます。ただし、インテリジェントブロックのボタンを操作したり、パーツの取り付け、取り外しをしたりすることはできません。
・中高生初級部門では、スタート後、ロボット全体がスタートマーク最下部より下にある間、ロボットの動きをコントロールすることを目的として、タッチセンサーにのみ触れることができます。ロボットのその他の部分には手を触れることができません。したがって、ロボットの調整を行ったり、インテリジェントブロックのボタンを操作したり、パーツの取り付け、取り外しをしたりすることはできません。また、スタート後は、テザーにも手を触れることはできません。
・中高生中級部門では、ロボットは完全に自律して動作するものとし、競技中、ロボットに手を触れることはできません。テザーにも手を触れることはできません。

<ロボット製作規定の概要>

・ロボットはレゴマインドストーム基本セット(NXTまたはEV3)、および拡張セットに含まれるパーツを使用して製作されるものとします。ただし、輪ゴムやひもの類の使用は不可とします。
・インテリジェントブロック(NXTまたはEV3)は1つのみ使用することができます。
・モーターは4つまで使用することができます。
・ロボットのサイズは全長が最大伸長時に60cm以下とします。
・Wi-FiやBluetooth、赤外線などによる無線通信、リモートコントロールは不可とします。

◆競技について、詳しくは、「第5回競技会 全国大会 競技規定Ver.1.0」(PDF:221KB)をご覧ください。
※内容は修正、追加されることがありますので、最新版をご確認ください。

<参加申し込み>

後日、本HPより申込みを開始します。しばらくお待ちください。

募集期間:関西大会 7月24日(月)~ 8月31日(木)
     全国大会 8月 1日(火)~ 9月30日(土)
     東北大会 10月 1日(日)~10月31日(火)

※関西大会、東北大会は全国大会の予選ではありません。


◆お申し込みについてのお問い合わせ:
〒101-0021 東京都千代田区外神田5-3-10
株式会社ナリカ 内
宇宙エレベーターロボット競技会実行委員会 事務局
TEL:03-3833-0746 FAX:03-3833-0747

協賛:神奈川大学、レゴ エデュケーション
協力:株式会社アルファ企画、株式会社ナリカ、武藤工業 株式会社、フューチャーアーキテクト株式会社、株式会社PFU、日本大学 N.国際救助隊
後援:経済産業省、横浜市教育委員会
Webデザイン:Designed by デザインプール株式会社


トップに戻る